ウェブログラム

実践しながらじっくり学ぶ、Webプログラム習得サイトです。自作サービスの公開までWeb開発を実践していきましょう!

Webrogram

自分のオリジナルサービスを作って運営しよう!

【CentOS7】firewall-cmdで「ポートを開放」したり「閉じたり」する方法

CentOS7からポート開放したり閉じたりする方法が変わっていて、 何度も忘れてしまうので、メモとして残します。

ポートの開放、閉じる

※firewallのサービスが起動していない場合は以下利用できません。(下記、firewallのサービス操作を参照ください)

開放されているポートの確認

firewall-cmd --list-ports --zone=public

ポートの開放

firewall-cmd --add-port=22/tcp --zone=public --permanent

ポートを閉じる

firewall-cmd --remove-port=22/tcp --zone=public --permanent

設定の反映

firewall-cmd --reload

firewallのサービス操作

ローカル環境などで、いちいちポートをこまめに開けたり閉じたりすのは面倒なので、firewall自体止めることが多いです。

firewallの起動

sudo systemctl start firewalld

firewallの状態確認

sudo systemctl stop firewalld

firewallの状態確認

systemctl status firewalld

firewallのサーバ再起動時に自動起動

sudo systemctl enable firewalld

firewallのサーバ再起動時に自動停止

sudo systemctl disable firewalld