ウェブログラム

実践しながらじっくり学ぶ、Webプログラム習得サイトです。自作サービスの公開までWeb開発を実践していきましょう!

Webrogram

自分のオリジナルサービスを作って運営しよう!

【初心者ためのLAMP環境入門】その1「LAMP環境とは」

さてここではWebでよく使われるLAMP環境を構築していきます。

LAMP環境って何?っていう人でも分かるように丁寧に実践しなが進めたいと思います。

LAMP環境とは

LAMP環境とはWebサービスで使われる技術です。

内容としては

になります。つまりWebサービスを公開するために必要環境=LAMP環境ということです。

Linux

これはOSです。 Windowとかではなくサーバ用のOSです。 今回の内容はLinuxの中のCentOS7という、よく使われるOSで構築してきます。

Apache

これはWebサーバです。 Apacheがないとユーザがサイトにアクセスすることは出来ません。 Apacheの他にもたくさんのWebサーバがありますが、今回はApacheで行きましょう。

MySQL

これはデータベースです。 ユーザの登録情報やコメント情報といった様々なデータを入れておくところです。 MySQL以外もたくさんありますが、よく使われるMySQLを使っていこうと思います。

Perl,Python,PHP

これらはP言語と呼ばれ、サーバサイドで利用される言語です。 サービスの処理内容などは、これらの言語で書いていきます。 今回はPHPを使ってLAMP環境を完成させます。

LAMP環境入門で目指すところ

今回の入門で目指す所を決めておきましょう。

DBありますので、誰でも投稿できる簡易掲示板を作ってみましょう。

環境作りだけではなく、サーバサイドプログラミング技術もちょっとかじってみることにします。

サーバサイドプログラミングは環境構築ではないので、さらっと流す感じにしようと思います。

主に上記のミドルウェアApacheMySQLPHP)はyumで入れていきます。 ※サーバの細かい初期設定とかは行いません。

必要な技術、環境

必要な技術については、特にありませんが CentOS7の環境構築は既に紹介している記事があるので、そちらで済ませて置いてください。

webrogram.hatenadiary.jp

上記の記事はMac向けに書いているので、Windowsの方は参考程度に構築してみてください(Windowsなくてすみません....)。

次回からはApacheをインストールして、起動してブラウザからアクセスしてみましょう。