ウェブログラム

実践しながらじっくり学ぶ、Webプログラム習得サイトです。自作サービスの公開までWeb開発を実践していきましょう!

Webrogram

自分のオリジナルサービスを作って運営しよう!

初心者向けLaravel入門編

ここでは初心者向け「Laravel5.6」の入門記事を紹介しています。

入門が終わり、簡単なアプリケーションが作れるようになったら、実践編に進みましょう。 中級者向けの実践は現在作成中です。

準備編

まずは準備編として、Laravelの環境を作成する前の段階を解説しています。 Laravelが動く状態になっている方は入門編からスタートしてください。

ローカル開発環境造り

開発環境を仮想的に作って、そこで色々開発することを当ウェブログラムでは目指しています。 そのためのまずは環境造りをしましょう。Mac向けの記事なのであしからず。

webrogram.hatenadiary.jp

Laravel環境構築

いよいよLaravelを動かしていきます。細かい設定などありますので、しっかりと読んでみてください。

webrogram.hatenadiary.jp

ローカル開発環境とは?

ローカル開発環境を作るメリットについて紹介しています。 なにそれ?って感じの人は、こういうメリットがあるんだと新しい発見になります。

webrogram.hatenadiary.jp

入門編

ルーティング

なんと言ってもルーティングから! ブラウザでのURLアクセス(リクエスト)に応じて、呼び出す処理を振り分けたりします。 Laraveはl必ずルーティングを通りって動作します。

webrogram.hatenadiary.jp

コントローラ

ルーティングで振り分けられたリクエストに応じて、適切なコントローラ(処理)を呼び出します。 コントローラでは、ユーザに見える部分とDBとの間を取り持つ仲介役なイメージです。

webrogram.hatenadiary.jp

ビュー

コントローラによって処理がされると、最終的にビューと呼ばれるユーザ見る画面が返されます。 この画面を作成していきましゅう。難しいことはないほぼただのHTMLです。

webrogram.hatenadiary.jp

モデル

DBを扱う便利屋さんです。 リクエストはルーティングによって、適切なコントローラに振り分けられ、 コントローラは色々なモデルと呼ばれるものでDBを操作します。

データの取得や作成、更新や削除といったところを担います。

webrogram.hatenadiary.jp

実践編

いよいよ実践編です。 実践編では一つのサービスを企画し、それを作り上げるということをしてみます。 認証技術やデータベースの複雑な連携、設計などが学べます。

企画、仕様決定

まずは作るサービスを考えてみます。 どういう機能があって、どういう動作をするのか。まずは目標から考えましょう。

webrogram.hatenadiary.jp

DB設計

DBの設計を簡単に体験してみます。 作成するサービスはどういうデータがいるのか、それを事細かく決めていきます。

webrogram.hatenadiary.jp

認証、ログイン機能実装

ユーザが利用するサービスを想定しているので、認証技術は必須です。 ですが、Laravelではとても簡単であっという間にユーザ登録やログイン、ログアウトの機能がつくれちゃいます。

webrogram.hatenadiary.jp